本文へスキップ

近江八幡市立総合医療センター薬剤部

お問い合わせはTEL.0748-33-3151

〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1379

薬学実務実習Apprentices

実務実習を受けられる方へ

将来の医療の一端を担う薬剤師を育成するために、当院でも、実習生の受け入れを行っています。各職、専門・担当薬剤師によるレクチャー、調剤業務、注射薬計数調剤、高カロリー輸液調製、抗がん剤調製、サテライトファーマシーでの注射薬調製、TDM業務、薬品管理、DI・薬剤管理指導業務などです。また、カンファレンスや勉強会などにも参加してもらっています。

実習スケジュール(例) 


実習生の声

    
当薬局に来られた実習生さんに感想を頂きましたので、掲載いたします。(一部抜粋)


京都薬科大学薬学部   

本実習は、抗がん剤やTPNの調製、糖尿病教室や各種カンファレンスへの参加など多くの経験をさせていただける場であり、沖島診療所への同行やサテライトファーマシーにおいては、他の実習先では経験することのできない貴重な体験となりました。また、薬剤部だけではなく他部署見学もさせていただき、病院の内部の一端を知ることができ、とても勉強になりました。


京都薬科大学薬学部   

近江八幡市立総合医療センターでの実習を通して、病棟業務に関わることができ、多くのことを学びました。病院実習が始まる前は薬局と比べて、患者に対して服薬指導をする機会が減ると思っていました。1人の方と直接長く関わることは少ないですが、カルテを見て身体の状態を知ったり、処方を確認し、患者の今の状態に合わせて用量変更を提案したり、処方内容の変更を医師とディスカッションしたりすることで、患者とより深く関わることが出来ると実感しました。この実習を通して、病院薬剤師について自分なりに知ることができ、将来私が目指すべきものが見えたので、有意義な時間を過ごすことが出来ました。


立命館大学薬学部  


病院で薬剤師が患者さんや医師とどのように接しているか知り、実際に服薬指導や処方設計を行わせていただきました。検査値を用いて、今の治療を評価し、別の案があるならば、それを医師に提案しました。提案が実施された結果、患者さんの体調がよくなったり、検査値が良くなったりすると嬉しかったです。薬局と違い、患者さんの体調の変化を常に知れるのはより患者さんを寄り添えると思いました。11週間の実習でしたが、とても有意義な時間を過ごせました。



















近江八幡市立総合医療センター
薬剤部
ビルダークリニック

〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1379
TEL 0748-33-3151
FAX 0748-33-4877