方針・理念・目的等

東近江医療圏唯一の救命センターとして県内に4施設ある救命救急センターの1つとして地域の救急医療と重症集中医療を担っています。地域で発生した重症救急患者さん(3次救急)の治療にあたるとともに、地域のクリニックが閉診されている夜間休日の時間帯の救急患者にも可能な限り対応できるような体制をとっています。また高度かつ緊急治療を要する重症患者の診療には、集中治療室において集中治療医と各専門診療科医師が集まって、集学的に最新の高度な治療を行います。

概要・特色

救命救急センターは、

(1) 救命センター救急外来
(2) HCU(救命救急センター病棟 12床)
(3) ICU(集中治療室 6床)

の3ユニットで構成されています。

救急外来は、専任の救急担当医師が常駐する体制をとっており、初療とトリアージ(重症度の振り分けと応急処置)ののち、必要な場合は迅速に専門診療科へ引き継ぎ、専門的な治療を受けられる様にしています。当救命救急センターが地域内で果たすべき役割である、緊急度・重症度の高い中等・重症患者の診療に支障をきたすことのないよう配慮していますが、しかしその一方で、満足とはいえない東近江医療圏内あるいは周辺地域の一次・二次救急医療体制も支えています。

救命救急センター病棟/HCUは、主として救急外来からの緊急入院患者の受け入れ、救急患者の初療後のスムーズな入院加療を可能にしています。緊急かつ重症ではあるがICU収容までの高度な治療は必要としない中等症から重症患者の収容を行なっています。平均病床利用率が80%以上で常に満床に近く、日々の積極的な病床の調整が欠かせないため、毎日、他の入院病棟との病床調整が必要です。また、HCU(重症管理病棟)として人工呼吸管理や血液浄化、細かな循環動態管理などを要する重症患者やICU退室後しばらく重症管理が必要な患者の治療・看護を行っています。

ICUは、最重症患者を対象として、集中治療医と各診療科担当医が協力して、高度かつ集学的な治療・管理を行う、オープンICUの体制をとっています。日中は専任医師が常駐・管理し、夜間・休日も専任のICU当直医を設けて、24時間専任体制での管理を行っています。専任医師は各診療科担当医および集中治療認定看護師などと連携をとりながら24時間体制で治療・管理を行うため、日々、病態の変化にあわせた綿密な連携をとっています。

一方で最近、ICUやCCUなどで集中治療をされ、もとの疾患は軽快したのにかかわらず、患者の四肢の筋力低下、嚥下や呼吸に関連した筋力低下が見逃せないことが注目され、これらの患者の予後が決してよくないことが注目され、それを防止する意味で超早期からのリハビリテーションの重要性が指摘されています。当センターICUでは専任理学療法士を配置し、呼吸器装着患者などにも積極的なリハビリテーションの開始を実践しています。

救急診療科は、院内業務だけでなく、東近江医療圏の救急医療体制の整備や救急救命士の指導、院内の救急医療体制の整備、各種講習会や勉強会の開催等による救急医療・蘇生の普及活動など、院内だけでなく地域にも密着した活動も行っています。また、当院は地域の災害拠点病院、滋賀県DMAT編成(現有3隊)病院であり、有事の際にはすぐに災害出動できるように日々の準備と訓練を怠っていません。

災害派遣医療チームDMAT

過去の実績等

平成29年の症例数は、救急外来患者数15,893名、救急外来からの入院者数4,162名、救急車搬送数5,106名、救命救急センター病棟入院患者数3,746名、ICU・CCU入室患者数 1,387名、年間院外心停止患者数91名でした。
東近江医療圏内の救急医療体制が整いつつあり、もっとも多かった平成20年度の救急外来患者数26,686名、救急車搬送数は5,243件と比較すると、搬入患者数は40%近く減少しましたが、それでも医療圏内で発生する救急患者の50%以上を受け入れており、医療圏唯一の救命救急センターとしての役割を担っています。

メッセージ

紹介

当院は
日本救急医学会 救急科専門医指定施設
日本集中医療医学会 集中治療専門医研修施設
災害拠点病院・DMAT編成病院
です。

(1) 救急外来は、日中は専従医が常駐し、一次から三次症例まで幅広い受け入れを行い、研修医とともに初療の後、当該科に引き継ぎ、専門的な精査・加療を更に進 めていくシステム(いわゆる北米型ER)です。各科へのコンサルト、引き継ぎはオンコール体制となっておりスムーズです。救急車からの搬入要請には、当番 医師がPHSにて24時間直接対応を行っています。日中は救急外来専従医師。夜間は外科系、内科系2系列。これに加え、小児科、産婦人科は独立したダイレ クトコール用PHSを持っています。

(2) ICU管理は、日中は専従スタッフ、夜間は専従スタッフと固定メンバーによる専任当直医が、主治医と協議を行いつつ管理を行っています。 救命救急センター開設後数年が経過し、体制の見直しを検討しています。

(1) 当院は地域の中核病院で、研修医、レジデントを含め若い先生方が大勢おられ、主治医として精力的に働いておられます。ICU入室中の患者管理については救 命救急センターのスタッフと主治医(チーム)との協議にて治療方針を決定していますが、センターのスタッフは専従医として敢えて主治医とはならない体制を とってきたため、主治医のサポート役として、主体性が薄くなりがちでした。若い先生方には手技的なことを含め、主体性を持って多くのことを経験してもらわ ねばならず、現在、救命救急センターの枠組みを崩すことなくもっと主体性を持った関わりが出来る体制への調整を始めています。

(2) センターの体制については、周辺組織との再調整を含め、まずまず目標どおりに業務調整がすすんできました。しかし、医師スタッフ数の不足等により、医師が 行っているカンファレンスについては不十分なものとなっていました。このたび、スタッフ数の増員に伴い、その点につき改善に取り組んでいます。要望してく れる研修医達のためにも、何とか充実したものにしていきたいと考えています。

救急外来からのお願い

救命センターの救急外来は、主に「緊急」対応を必要とする重症および緊急患者さんのための外来です。したがって重症度・緊急度の高い患者さんの診察・診療が優先され、診察の順番が変わったり、長時間お待たせしたりすることがあります。

救急外来での投薬は原則として1日分のみの処方としています。時間外の外来診療ではありませんので、かかりつけの病気や緊急を要しない検査、無くなってしまったお薬の処方などは行っていません。

夜間休日も診療を行っていますが、専門性の高い診療科(眼科や耳鼻咽喉科等)では、オンコールの医師を呼び出すため、応急処置をしたあとで、少々お待ちいただく場合や他院へ紹介する場合もあります。


ご理解とご協力のほどよろしくお願いします。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
副院長・救命救急センター長 立川 弘孝
(たつかわ ひろたか)
  • 昭和58年卒
  • 日本内科学会認定医
  • 日本循環器学会専門医
  • プライマリ・ケア学会指導医
  • 日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
  • JMECCインストラクター 
  • PTLSプロバイダー
  • 日本DMAT隊員
  • 統括DMAT
副センター長 中島 正之
(なかじま まさゆき)
  • 昭和63年卒
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本DMAT隊員
  • 統括DMAT
部長 土屋 邦之
(つちや くにゆき)
  • 昭和56年卒
  • 日本外科学会認定医
  • 消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本DMAT隊員
部長 池田 和弘
(いけだ かずひろ)
  • 平成11年卒
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • JATECプロバイダー
  • JEMCCインストラクター
部長 宮下 篤史
(みやした あつし)
  • 平成13年帝京大学卒
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本外科学会認定医
  • ACLSインストラクター
  • JPTECプロバイダー
  • JATECインストラクター
  • 日本DMAT隊員

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署