方針・理念・目的等

病理検査とは

癌をはじめ腫瘍組織や細胞の形態を観察し、その中にみられる病態を顕微鏡下で診断・確定し、予後の治療効果の判定をおこなう検査です。
当院の病理検査科では、病理組織検査、細胞診検査、病理解剖の3つの業務に分かれています。これらの検査は下記に定める理念・方針を基に臨床検査技師と細胞検査士が業務を担っています。

基本理念

「チーム医療の一員として医療環境の創造に貢献します」

基本方針

■精度の高い迅速な検査に努めます。
■安全で安心な医療の提供に努めます。
■信頼関係を深め、綿密で迅速な連携に努めます。
■高い教養と見識を持つよう努めます。
■経営効率を高めるよう創意工夫に努めます。

スタッフ構成

常勤病理医1名、非常勤病理医2名(延べ週4回)、細胞検査士3名(ローテーションのため平均常時 1~2名)、臨床検査技師2名

概要・特色

病理組織検査

生検材料(内視鏡・メス・針などで採取された組織)や、手術材料の病変部を顕微鏡で観察できる標本に作製します。
写真は標本作製行程の中の薄切作業です。

術中迅速診断では手術中に提出された組織を迅速に標本作製し、病変部の診断や切除範囲の判定を行ないます。
病理組織検査は病変の良悪性の鑑別、種類・範囲・浸潤の程度、治療方針の決定に必要不可欠な検査です。

細胞診検査

尿、喀痰、腹水、胸水等の中に含まれる細胞や子宮膣部・頸部・体部からの粘膜擦過や病変部の針穿刺によって得られた細胞を顕微鏡で観察できる標本に作製します。細胞検査士はその標本に見られる「がん細胞や異型細胞」を探し出し、病変を推定します。
病理組織検査に比べ検体採取で患者様への侵襲が少なく負担が軽減され再検査が容易であることが特徴です。

病理解剖

解剖により各臓器を肉眼的、顕微鏡的に観察して死因を解明します。また同時に生前治療の効果などの評価、さらに研修医等への教育に貢献しています。
写真は当センターの解剖室です。

過去の実績等

稼動実績

組織診断年間3,488件、細胞診断5,073件、病理解剖9例
術中迅速組織診48件、術中迅速細胞診78件、(2013年度稼働実績)
121種類の抗体を駆使し、496件、2,353枚の免疫染色を行っています。
(2013年度稼動実績)

良い診断は良い標本から

腎生検では検体採取の現場に出張し、標本作製を担当しています。採取直後の腎生検組織を顕微鏡下で観察し糸球体の有無を確認しています。同時に蛍光抗体検査や電子顕微鏡検査に必要な糸球体を顕微鏡下で切り分けています。これにより無駄のない良好な標本作製の実現と的確な病理診断に貢献しています。腎生検の 年間件数は101件( 2013年度 )で今なお増加傾向にあります。
写真は採取された腎臓組織を顕微鏡下で糸球体部分に沿って切り分けています。

耳鼻科領域の穿刺吸引細胞診でも検体採取現場に出張し、採取直後の検体の性状を観察し、迅速に検体処理を行っています。これにより不適正の少ない良好な標本作製が実現しました。

メッセージ

精度管理に努めています

日本臨床検査技師会臨床検査制度管理、滋賀県臨床検査技師会病理・細胞部門精度管理に参加し精度向上を目指しています。

職場環境、健康への配慮に努めています

ホルマリンや有機溶剤による健康被害を軽減するため、環境面の配慮やスタッフの健康診断を推進しています。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
技師長 北川 勇一
(きたがわ ゆういち)
  • 臨床検査技師
  • 細胞検査士
  • 国際細胞検査士
  • 2級臨床検査士(病理学)
  • 認定病理検査技師
副技師長 新井 郁子
(あらい いくこ)
  • 臨床検査技師
  • 認定血液検査技師
  • 緊急検査士
副技師長 東 明美
(ひがし あけみ)
  • 臨床検査技師
  • 超音波検査士
  • 緊急検査士
技師 向井 理紗
(むかい りさ)
  • 臨床検査技師
技師 冨田 圭一
(とみた けいいち)
  • 臨床検査技師
  • 細胞検査士
  • 国際細胞検査士
  • 2級臨床検査士(病理学)
技師 水上 澄枝
(みずかみ すみえ)
  • 臨床検査技師

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署