方針・理念・目的等

平成17年4月に、滋賀県地域周産期母子医療センターに認定されました。
平成18年4月に、日本周産期新生児医学会の指定研修施設に認定されました。

当院の産科では、東近江地域の基幹病院として、周辺の病院・診療所からリスクの高い妊産婦を24時間体制で受け入れています。受け入れるのは、切迫早産や前期破水などで低体重の赤ちゃんが生まれるリスクがある場合や、妊娠高血圧症や前置胎盤など母児の生命が脅かされる危険のある異常妊娠の場合です。
今後も、ローリスクの妊婦さんに対しては、もっと安楽にお産を迎えていただけるよう、ハイリスクの妊婦さんに対しては、母児の安全を最優先した高度医療を提供できるよう、地域に貢献したいと思います。

概要・特色

一般外来

婦人科疾患の診察、治療を中心に行っています。子宮癌検診、不妊相談、妊娠の診断も受け付けています。 

専門外来

月曜日の午後に予約制で、更年期外来を開いています。

妊婦健診

妊婦さんの健診を医師、助産師の両方で行っています。妊娠中に2回の母親教室があります。

周産期母体搬送

周産期母子医療センターとして、地域の病院、診療所よりハイリスクの妊婦さんを搬送していただき管理しています。

定期手術

毎週火曜日、金曜日に予定された産婦人科手術を行っています。

臨時手術

緊急を要する手術に対しての体制も調えています。

過去の実績等

2020年の分娩数は410件、帝王切開術は169件でした。他施設からの緊急母体搬送は37件でした。帝王切開術を除く手術件数は143件でした。

メッセージ

 平成17年4月に、滋賀県地域周産期母子医療センターに認定されました。 東近江地域の基幹病院として、周辺の病院・診療所からリスクの高い妊産婦を24時間体制で受け入れています。今後も、ローリスクの妊婦さんに対しては、もっと安楽にお産を迎えていただけるよう、ハイリスクの妊婦さんに対しては、母児の安全を最優先した高度医療を提供できるよう、地域に貢献したいと思います。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
診療部長
主任部長
地域周産期母子医療センター長
初田 和勝
(はつだ かずよし)
・昭和57年 京都府立医科大学卒 
・医学博士
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本専門医機構産婦人科専門医
・母体保護法指定医
・日本周産期新生児医学会「母体・胎児」暫定指導医
・新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
・臨床研修指導者講習会修了
・緩和ケア研修会修了
部長 小野 哲男
(おの てつお)
・平成13年 滋賀医科大学卒 
・医学博士 
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本専門医機構産婦人科専門医
・母体保護法指定医
・日本周産期新生児医学会「母体・胎児」専門医・指導医
・臨床遺伝専門医
・胎児心エコー認証医
・新生児蘇生法「専門」コース修了
・臨床研修指導者講習会修了
・緩和ケア研修会修了
副部長 松島 洋
(まつしま ひろし)
・平成19年 京都府立医科大学卒
・医学博士
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医・指導医
・日本専門医機構産婦人科専門医
・日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
・日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
・日本がん治療認定医機構がん治療認定医
・緩和ケア研修会修了
・臨床研修指導者講習会修了
・新生児蘇生法「専門」コース修了
副部長 竹川 哲史
(たけかわ てつし)
・平成21年 福井大学卒
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
・母体保護法指定医
・日本周産期新生児医学会「母体・胎児」専門医
・新生児蘇生法「専門」コース修了
・臨床研修指導者講習会終了
・緩和ケア研修会修了
医員 岡田 奈津実
(おかだ なつみ)
・平成28年 滋賀医科大学卒
・新生児蘇生法「専門」コース修了
レジデント 前田 倫子
(まえだ ともこ)
・平成29年 富山大学卒
・新生児蘇生法「専門」コース修了
非常勤医 草場 紗智子
(くさば さちこ)
・平成23年 滋賀医科大学卒
・日本産科婦人科学会産婦人科専門医
・新生児蘇生法「専門」コース修了

各診療科のご案内

看護部のご案内

薬剤部のご案内

医療技術部のご案内

その他の部署