方針・理念・目的等

今日の医療では、画像診断は、病気の診断、治療方針の決定、さらに、治療効果を判定する上で、なくではならない手段となっています。病院の基盤のひとつであり、病院の診断能力を左右すると言ってもよいものです。放射線科医、なかでも画像診断医は、この画像診断を専門に行うことを主たる診療業務としています。さらに、IVR(Interventional Radiology)と呼ばれる血管造影の手技をベースにした治療も放射線科の業務の一つです。

放射線科医は、絶対数がかなり少ない中、当院では3人の常勤スタッフを有しており、迅速な対応が可能です。他の診療科の医師の要請に応じるとともに、カンファレンスを通じて、患者さんにとって最も適切な方法で、正しい診断や治療方針の決定に到達することを使命と考えています。画像診断の分野は、それぞれの分野で進歩が早く、常に知識や技術をレベルアップし、病院の医療レベルを向上させていくことに、日々力を注いでいます。

概要・特色

当科では、CT装置2台(320列、64列MDCT)、3.0T-MRI装置1台、1.5T-MRI装置1台、血管造影装置3台(1台はアンギオ-CTシステム)、X線TV装置2台、超音波装置2台、デジタル(フラットパネル)乳房撮影装置、デジタル単純X線、核医学装置を備えています。

320列MDCTは最新鋭の装置で、3次元血管像をはじめ詳細な画像が短時間で得られ、救急をはじめ診療上とても重要な画像診断装置です。アンギオ-CT装置は血管造影検査だけでなく、各種IVRに威力を発揮します。

 当院では、電子カルテとともに、PACSシステムを導入しており、画像はすぐに閲覧することができます。画像診断のレポートは、画像ができるとともに、すぐに読影しており、各診療科の医師は、検査当日にレポートを読むことができ、患者さんの利便性の向上をはかっております。

過去の実績等

(2022年実績)

【読影件数】
CT 約20,100件、MRI 約6,000件、マンモグラフィ 約1,800件
健診消化管造影 約1,020件、健診胸部X線 約3,400件、核医学検査 約720件

【検査件数】
超音波検査(腹部、頚部、乳腺、小児など) 約200件

【画像誘導下治療】
IVR(インターベンショナルラジオロジー)
・救急医療の出血治療
・透析シャントPTA 
・その他(腫瘍の動注療法、BRTO、非血管系IVRのCT下生検あるいはドレナージなど)

メッセージ

 CT、MRI検査及び、多くの核医学検査を外来検査にて施行しております。結果は、概ね、当日、あるいは翌日までに読影し、結果を郵送しております。依頼方法及び実施できる核医学検査の詳細につきましては、患者総合支援課にお問い合わせ下さい。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
主任部長 松尾 寿保
(まつお ひさやす)
・平成3年 滋賀医科大学卒
・日本医学放射線学会放射線診断専門医
・日本核医学会専門医
・日本核医学会PET核医学認定医
・検診マンモグラフィ読影認定医
部長 土屋 桂子
(つちや けいこ)
・平成14年 滋賀医科大学卒
・日本医学放射線学会放射線診断専門医
・日本核医学会PET核医学認定医
・検診マンモグラフィ読影試験認定
副部長 清水 哲
(しみず さとし)

・平成24年 滋賀医科大学卒
・日本医学放射線学会放射線診断専門医

各診療科のご案内

看護部のご案内

薬剤部のご案内

医療技術部のご案内

その他の部署