方針・理念・目的

病診連携・病病連携の上に成り立つ、地域の中核病院としての役割を担うべく、地域に根ざした医療を行います。救急疾患対応を迅速に滞りなく加療します。各種ガイドラインを踏まえ、それ+αの診断・治療を目指します。患者さんの御理解を得たうえでの同意(インフォームド・コンセント)を重視して医療をすすめさせていただきます。 患者さんのご希望がございましたらセカンド・オピニオンやカルテ開示にも応じさせていただいております。

概要・特色

内視鏡システムは最新鋭のスコープ・光源を取り入れております。診断学的には色素内視鏡、拡大内視鏡、また超音波内視鏡(ミニチュア・プローブ、IDUS、ラジアル型専用機、コンベックス型専用機)を用い、正確な診断を行います。最近ではEUS-FNA(超音波内視鏡下の細胞採取)による病理学的診断も増えてまいりました。また近年、小腸内視鏡を導入し、通常の内視鏡では届かなかった部位まで観察・治療が可能となりました。治療としましては、消化管出血緊急止血術としてクリップ、ヒーター・プローブ、APCなどを病変に応じて選択し、 食道静脈瘤破裂に対してはEVLまたはEISを行います。 減黄術(黄疸の治療)としてはERBDやPTCD、ステント留置、EUS-BDをおこない、 総胆管結石に対しては内視鏡的治療であるEST、EPBD、EPLBDを施行します。 また、上部・下部内視鏡的粘膜下層剥離術(早期癌の内視鏡的治療 – ESD)においても IT2ナイフ、フラッシュナイフ他を使用し症例は著明に増加しております。悪性消化管狭窄に対しては上部・下部消化管ステント留置を行っております。進行癌に対しては外来あるいは短期入院を中心とした化学療法をおこなっております(主に胃癌、膵癌、大腸癌等)。

なお、経鼻内視鏡、鎮静下内視鏡(鎮静剤を使用した内視鏡)は希望される方に応じております。

また、ピロリ菌除菌も積極的に行っております。除菌外来において保険外三次除菌に関してもご相談させていただいております。

肝疾患に関しましても、滋賀県肝疾患専門医療機関に指定されており、C型慢性肝炎経口薬治療を積極的におこない、肝癌に対してはTACE(カテーテル治療)、RFA(癌に対し体表から針を刺して焼きつぶす治療、CT同期US下穿刺)等を施行しております。

特色としましては、救急態勢に応じるため、夜間・休日における緊急内視鏡(止血術、胆道ドレナージ術)、PTGBD等の経皮的穿刺術が多いことです。最近ではinterventional EUSが増加傾向にあること、小腸内視鏡実施可能となったこと、大腸ポリープに対するcold polypectomyを開始したこと、高周波装置VIOを導入できたことが目新しいことです。

過去の実績等

当消化器内科では2018年度、上部消化管内視鏡検査 4308例、下部消化管内視鏡検査 1959例、ERCP 395例を施行しております。(ERCP例数は県下top classです。)同、上部消化管における内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は52例、下部消化管におけるESDは31例を行いました。超音波内視鏡は155例、EUS-FNAは21例、大腸ポリープ切除術はEMR857例、cold polypectomy749例施行しております。偶発症による緊急手術例はありません。2018年度TACEは34例、RFAは8例施行しております。大きな偶発症は認めておりません。

メッセージ

当科は日本消化器病学会における教育認定施設、日本内視鏡学会における内視鏡指導施設、日本肝臓病学会における認定施設です。内視鏡センターは大きな一区画を占め、内視鏡は最大5台並列稼動が可能です(うち2台はX線透視室に設置、また3台はCO2送気システムを併置)。また、透視室、Angio室では肝生検、PTCD、PTGBD、膿瘍穿刺、RFA、TACE等幅広い診断加療を行っております。

一方で、アット・ホームな雰囲気の中、研修医やレジデントの先生方が、消化器疾患の基本的アプローチから始まり、より専門的な知識や技術の習得へと無理なくステップ・アップを目指せるよう心掛けております。また、学会、研究会活動も全員で盛り上げていく気風にあふれております。患者様の御紹介、施設見学等なんでも気軽に御紹介あるいは御質問下さいませ。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
部長 赤松 尚明
(あかまつ なおあき)
  • 平成元年卒
  • 臨床教授
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本ヘリコバクター学会認定医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医
部長 石川 博己
(いしかわ ひろき)
  • 平成5年卒
  • 臨床准教授
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医・指導医
部長 曽我 幸一
(そが こういち)
  • 平成13年卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 日本ヘリコバクター学会認定医
  • 日本肝臓学会専門医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
部長 森沢 剛
(もりさわ つよし)
  • 平成7年卒
  • 臨床准教授
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本ヘリコバクター学会感染症認定医
  • 日本肝臓学会専門医
部長 楊 孝治
(よう たかはる)
  • 平成7年卒
  • 臨床准教授
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医・指導医
  • 日本肝臓学会専門医・指導医
副部長 間嶋 淳
(まじま あつし)
  • 平成19年卒
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医
  • 日本ヘリコバクター学会認定医
医長 茂森 賢太
(しげもり けんた)
  • 平成23年卒
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • NST専任
レジデント 落合 都萌子
(おちあい ともこ)
  • 平成27年卒
  • 日本内科学会認定医
レジデント 向井 啓起
(むかい ひろき)
  • 平成29年卒

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署