健診センター受診時の新型コロナ感染症対策のお知らせ

 新型コロナウイルス感染症については、今年度になっても終息の兆しはまだ見えていません。ワクチン接種が開始されたとはいえ、変異株などのあらたな流行要因も発生しており、今後の感染動向についてはしばらく見通しが立たない状況が続くと思われます。つきましては、今年度も引き続き感染拡大防止対策に取り組むことが必要ですので、受診に際しては、下記対応につきまして、あらためてご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

  1. 受診をご遠慮いただきたい方
    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記の項目に該当する方は、受診をご遠慮ください(体調が回復してから再予約してください)。
    ・発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐、味覚・嗅覚異常などの症状がある
    ・現に37.5℃以上の発熱がある
    ・過去1週間以内に発熱があった
    ・明らかな誘因なく下痢などの消化器症状がある
    ・2週間以内に、諸外国への渡航歴がある(およびそれらの方と家庭や職場内などで接触歴がある)
    ・2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある
    ・新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、現在待機期間内(自主待機も含む)である

  2. 受診延期を考慮していただきたい方
    新型コロナウイルスに感染すると悪化しやすい、下記の項目に該当する方は、受診延期も考慮してください。
    ・高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある
    ・透析を受けている
    ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている

  3. 受診に際してお願いしたい事項
    ・体調の悪い方は、受付時にお申し出ください。
    ・全員、受付時に体温測定を行います。
    ・健診中は各自マスクを着用してください。
    ・マスクは受診者ご自身で用意ください。
    ・病院の出入り口、健診センターの出入り口では、適宜、アルコール消毒液またはハンドソープ等にて手指消毒をお願いします。
    ・受付時間を守り、密集・密接を防ぐことにご協力ください。
    ・すでに新型コロナウイルス感染症のワクチン接種がお済みの方も、ワクチンの効果が100%ではないことをご理解のうえ、上記事項にご協力ください。

  4. 一部検査の中止
    下記検査については感染リスクの増大が危惧されるため、今年度も中止させていただきます。
    ・肺機能検査

  5. 結果説明および指導の省略
    感染機会の増大を避けるため、診察後の結果説明および生活指導は省略させていただきます。後日送付される健診結果票は、必ず内容の確認をされ、必要であればしかるべき医療機関を受診してください。

  6. 受診予約について
    ・予約外の当日受診は、密集・密接を避けるためにお断りしています。
    ・受診前には、必ず予約をお取りください。
    ・例年以上に予約枠の確保が難しくなっていますので、ご希望に添えないこともあります。
    ・今後の感染拡大の動向によっては、一部の検査、または健診業務の中止をさせていただく場合があります。

あなたの健康管理についてアドバイスいたします。
当院では、専門医が最新の医療機器で身体全般について検査を行う総合健診システムによって、病気の早期発見や早期治療などあなたの大切な健康管理についてアドバイスいたします。

ごあいさつ

 新型コロナウイルス感染症のため健診業務を一時停止や縮小しており、皆様にご不便をおかけいたしましたが、今年度は、通常の健診体制といたしました。休止しておりました聴診も5月より再開しております(肺機能検査は休止中)。

 当院の健診センターでは、生活習慣病を中心とした健康診断のほか、病気の早期発見早期治療を目的としたドック健診をおこなっており、地域住民の皆様や企業にお勤めの従業員の皆様にご利用いただいております。経験豊かな医師による診察、専門検査技師による超音波やレントゲンの撮影、放射線科医によるレントゲン読影、消化器内科医による消化管内視鏡検査、乳腺外科医による乳がん検診等、信頼できる医療スタッフをそろえております。

今年度は、ご希望の多い胃内視鏡検査(胃カメラ)の件数を増やすため、人手と時間がかかる麻酔をかけて行う鎮静化内視鏡検査を取りやめました。検査の苦痛をご心配になられる方には、比較的楽な経鼻内視鏡もございますのでご利用いただきますようお願いします。

 2021年度の総健診者数は、のべ5,262人、ドック健診はそれぞれ脳ドック222名、乳がん検診529名、子宮がん検診241名でした。健診数は毎年微増しておりましたが2020から2021年度にかけて新型コロナウイルス感染症の影響で受診者が減少しております。健診が停滞すると生活習慣病の悪化や早期がんの発見の遅れが危惧されます。当健診センターでは万全の感染対策のもと通常通りの健診を行っておりますので安心してご利用になっていただきますようお願いいたします。

健診センター長
宮下 浩明

検査の内容及び料金

生活習慣病・各コース人間ドック健診等(R4年度)(PDFデータ)

脳ドック

  • 頭部MRI・MRA検査を行います。検査時間はおよそ30分。
  • 脳梗塞、脳内出血、脳委縮、脳腫瘍、脳動脈瘤を検査します。
  • 経験豊かな脳外科専門医と放射線専門医がダブルチェックしています。

乳癌健診

  • 超音波検査とマンモグラフィーがあります。
  • 超音波検査は女性の診療検査技師が行います。超音波は痛みもなく、放射線の被ばくもありません。検査時間はおよそ5分。
  • マンモグラフィーは乳がんのためのレントゲン検査です。乳房を薄くなるように板に挟み付けて微量のレントゲンを当てます。少し痛みを訴える方もいらっしゃいますが数秒間ご辛抱ください。
  • 診断は乳腺外科医と放射線科が行います。

子宮がん検診(子宮頸がん)

  • ベテラン産婦人科医による診察と子宮頚部の細胞診を行います。
  • 細胞診は細胞検査士と細胞診専門医が診断します。
  • 診察と検査を合わせておよそ5分。結果はおよそ2週後に郵送します。

前立腺がん検診

  • 前立腺特異抗原であるPSAを血液検査で調べます。

胃カメラ・胃透視

  • 胃カメラは人間ドックのAコース・Cコースに入っています。
  • 胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)は消化器内科医がおこないます。
  • 胃透視は人間ドックのBコースとDコースに入っています。
  • 胃透視は、バリウムを飲んでいただきレントゲン撮影します。放射線科医が診断します。検査時間はおよそ5分です。

お申し込み方法

人間ドックお申込み方法(PDFデータ)
脳ドックお申込み方法(PDFデータ)
※脳ドック注意事項(PDFデータ)

申込用紙

【令和4年度4月~ 申込書】
人間ドック・脳ドック申込書(EXCELデータ)
健診申込書(企業健診用)(EXCELデータ)
健診申込書(公立学校共済組合用)(EXCELデータ)
生活習慣病予防検診申込書(協会けんぽ用)(EXCELデータ)

健診センターを利用される方へ

● 令和4年(2022)年度 人間ドック・生活習慣病予防健診は
 令和4(2022)年4月4日(月)~令和5(2023)年3月17日(金)までの期間で実施。

●令和4年(2022)年度 全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診(協会けんぽ)を受診される皆様へ
・付加健診、子宮がん健診、乳がん健診の対象者の方々を優先にご予約をお取りいたします。
(なお、自費にて上記の健診をお申込みされた場合で、予約枠の都合により、お断りをすることがございますのでご了承ください。)

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等

健診センター長
病院事業管理者

宮下 浩明
(みやした ひろあき)
・昭和55年卒
・専門分野:泌尿器科、超音波医学
・産業医
副健診センター長
代謝・内分泌内科
            主任部長
卯木 智
(うぎ さとし)
・平成2年卒
・専門分野:糖尿病、代謝・内分泌内科
非常勤医 槙 系
(まき けい)
・昭和55年卒
・専門分野:循環器内科
非常勤医
代謝・内分泌内科医
福田 有希子
(ふくだ ゆきこ)
・平成21年卒
・専門分野:糖尿病、代謝・内分泌内科

各診療科のご案内

看護部のご案内

薬剤部のご案内

医療技術部のご案内

その他の部署