6月1日から一部の検査を除き健診業務を再開致しましたが、新型コロナウイルス感染症に対する継続した感染拡大防止対策は今後も必要です。受診に際しては、下記対応につきまして、あらためてご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

  1. 受診をご遠慮いただきたい方
    新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記の項目に該当する方は、受診をご遠慮ください(体調が回復してから再予約してください)。
    ・発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐、味覚・嗅覚異常などの症状がある
    ・現に37.5℃以上の発熱がある
    ・過去一週間以内に発熱があった
    ・明らかな誘因なく下痢などの消化器症状がある
    ・2週間以内に、諸外国への渡航歴がある(およびそれらの方と家庭や職場内などで接触歴がある)
    ・2週間以内に、新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者(同居者・職場内での発熱含む)との接触歴がある
    ・新型コロナウイルスの患者に濃厚接触の可能性があり、現在待機期間内(自主待機も含む)である
  2. 受診延期を考慮していただきたい方
    新型コロナウイルスに感染すると悪化しやすい、下記の項目に該当する方は、受診延期も考慮してください。
    ・高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患の基礎疾患がある
    ・透析を受けている
    ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている
  3. 受診に際してお願いしたい事項
    ・体調の悪い方は、受付時にお申し出ください。
    ・全員、受付時に体温測定を行います。
    ・健診中は各自マスクを着用してください。
    ・マスク不足が深刻な折、マスクは受診者ご自身で用意ください。
    ・病院の出入り口、健診センターの出入り口では、適宜、アルコール消毒液またはハンドソープ等にて手指消毒をお願いします。
    ・受付時間を守り、密集・密接を防ぐことにご協力ください。
  4. 一部検査の中止
    下記検査については感染リスクの増大が危惧されるため、関連学会の提言や見解等をふまえ、年度末(令和3年3月末日)まで中止させていただきます。
    ・肺機能検査
    ・上部消化管内視鏡検査
    ・腹部超音波検査
    ・乳腺超音波検査
  5. 結果説明および指導の省略
    感染機会の増大を避けるため、診察後の結果説明および生活指導は省略させていただきます。後日送付される健診結果票は、必ず内容の確認をされ、必要であればしかるべき医療機関を受診してください。
  6. 受診予約について
    ・予約外の当日受診は、密集・密接を避けるためにお断りしています。
    ・受診前には、必ず予約をお取りください。
    ・例年以上に予約枠の確保が難しくなっていますので、ご希望に添えないこともあります。
    ・今後の感染拡大の動向によっては、再び休診させていただく場合があります。

 

あなたの健康管理についてアドバイスいたします
当院では、専門医が最新の医療機器で身体全般について検査を行う総合健診システムによって、病気の早期発見や早期治療などあなたの大切な健康管理についてアドバイスいたします。

検査の内容及び料金

生活習慣病・各コース人間ドック健診等(R2年度年度)(PDFデータ)

お申し込み方法

人間ドックお申込み方法(PDFデータ)

脳ドックお申込み方法(PDFデータ)

※脳ドック注意事項(PDFデータ)

申込用紙

【令和2年度4月~ 申込書】
人間ドック・脳ドック申込書(EXCELデータ)
健診申込書(企業健診用)(EXCELデータ)
健診申込書(公立学校共済組合用)(EXCELデータ)
生活習慣病予防検診申込書(協会けんぽ用)(EXCELデータ)

 

健診センターからのご案内

健診センターを利用される方へ

●令和2年4月より乳がん健診の触診がなくなり、エコー検査、マンモグラフィ検査のみになります。

●平成31(2019)年度 人間ドック・生活習慣病予防健診は平成31(2019)年4月9日(火)~平成32(2020)年3月19日(木)までの期間とします。

●平成31(2019)年度 全国健康保険協会管掌健康保険生活習慣病予防健診(協会けんぽ)を受診される皆様へ
・受付の開始は3月25日(月)~とします。
・カメラ枠の減少のために胃カメラへ変更を希望される方は若干名とさせていただきます。
・付加健診、子宮がん健診、乳がん健診については対象者さま優先に予約をお取りします。(予約枠の都合上、対象者さま以外の方はご予約をお断りすることがございます。)

同年齢比較可能なeGFR推定ソフトのご案内

わが国には慢性腎臓病(CKD)が1330万人潜在すると言われています。各地でCKD啓発活動が行われていますが、健診や開業医からのCKD早期紹介は足踏み状態と言えます。
腎機能の指標である推定糸球体濾過量(eGFR)は、臨床現場で広く活用されていますが、年齢別の平均値に関する報告はありませんでした。つまり測定されたeGFR値がいわゆる“年齢相応”か否かについては、曖昧な判断にならざるを得ませんでした。そこで、健康診断で腎機能悪化因子のない“健常”と判断された方の年齢別eGFR値をグラフ化し、同年齢比較できるソフトを開発しました。次のような活用方法があります。

① 健診や一般外来における “年齢不相応”な腎機能低下の判別
② 加齢現象以上の腎機能悪化の判別(経時的に利用することで判別できます)
いずれも腎臓専門医紹介が望ましいと思われます。
下記URLから無料でご利用いただけます。
http://egfr-check.sakura.ne.jp/egfr/graph/input

腎臓病は自覚症状に乏しい病気です。できるだけ悪化する前に専門医師の診察を受けられることをお勧めします。
参考)日本腎臓学会CKD診療ガイド2012 腎臓専門医紹介基準(eGFRについて抜粋)
eGFR 50 mL/分/1.73 m2未満
(40 歳未満の若年者ではGFR 60 mL/分/1.73 m2未満,腎機能の安定した70 歳以上ではGFR 40 mL/分/1.73 m2未満)

文責:八田 告(医療法人 八田内科医院 / 近江八幡市立総合医療センター腎臓センター)

研究者一覧(敬称略、順不同)
八田 告:医療法人八田内科医院/近江八幡市立総合医療センター腎臓センター
瀬川 裕佳:近江八幡市立総合医療センター腎臓センター
原 将之:近江八幡市立総合医療センター腎臓センター
薗村 和宏:近江八幡市立総合医療センター腎臓センター
髙橋良一:近江八幡市立総合医療センター健診センター
武田和夫:一般財団法人京都工場保健会

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署