方針・理念・目的等

眼科疾患全般に対し幅広く診療いたします。
手術治療だけにかたよらず、できるだけ希望にそえる様、より良い方法を考えます。
できるだけ時間をかけて、一緒に相談しながら診療できるよう心がけていますので、わからないことがあれば遠慮なく申し出てください。
当科で対応が困難な手術・検査等は適切な専門病院を紹介させていただきます。

概要・特色

斜視・弱視を主とした小児眼科症例も多く診ております。
毎週火・木・金曜日午後に時間をかけ熟練した視能訓練士により検査を行っています。
専門医に相談の上、全身麻酔での斜視手術も可能です。
アレルギーやブドウ膜炎、眼感染症に対する治療も積極的に行っています。入院を必要とする重症例にもできるだけ対応いたします。県内では数少ない、ベーチェット病に対するインフリキシマブによる治療も可能です。
ドライアイに対しても専門的に治療しています。症例に応じ国内で使用可能なほぼ全ての涙点プラグが使用可能です。涙点閉鎖など外科的治療にも対応いたします。
眼瞼痙攣・片側顔面痙攣に対するボツリヌス療法も行っています。
希望者には遮光眼鏡やルーペなどの補装具の選定も行っています。相談のみでも結構ですのでお気軽にお尋ねください。

過去の実績等

昨年度手術件数、436件
白内障手術が主ですが、緑内障手術(トラベクロトミー)、結膜手術(翼状片・結膜弛緩・脂肪ヘルニア)、眼瞼手術(眼瞼下垂・内反症)なども施行しています。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
副部長 西川 亜希子
(にしかわ あきこ)
  • 平成17年滋賀医科大学卒
  • 日本眼科学会専門医
  • 視覚障害者用補装具適合判定医師研修会修了
医長 岩﨑 圭亮
(いわさき けいすけ)
  • 平成24年滋賀医科大学卒
  • 日本眼科学会専門医
非常勤

小幡 峻平
(おばた しゅんぺい)

  • 平成23年滋賀医科大学卒
  • 日本眼科学会専門医
  • 未熟児網膜症

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署