方針・理念・目的等

理念

「薬ある所に薬剤師あり」をモットーに、適正かつ安全な薬物療法を支援し、チーム医療の一員として良質な医療の提供に貢献します。

方針

  • 薬物療法における患者さんの安全を確保すること。
  • 薬剤の適正使用を推進し、効率的な薬物療法に貢献すること。
  • 地域薬剤師会と連携し、地域の人々の健康に寄与すること。

平成30年度 薬剤部目標

  1. 病棟業務の充実
    • 服薬指導件数の目標を設定し、一人でも多くの患者さんに適正な薬物療法を提供します。
    • 他職種横断的連携を図り、病棟業務を充実させます。
  2. 地域との連携を深め、患者さんを中心とした医療の充実
    • 地域医師会、薬剤師会、他病院等と更なる連携を進め、患者さんが入院前から退院後まで安心・安全の医療が継続して受けることができる体制を構築します。
    • ポリシーファーマシーによる患者さんの健康被害、医療費の増加を防ぎます。
  3. 教育の充実
    • 各分野の専門性を高め、薬剤師業務のレベルアップを目指します。
    • 学生実習において、医療現場における薬剤師の役割、臨床に係る実践的能力を育成します。
  4. DI(医薬品情報)業務の強化
    • 日々更新される膨大な医薬品情報を収集、整理し、患者さん、医療スタッフが必要とする情報を適切なタイミングでわかりやすく提供します。
  5. 適正な医薬品管理と薬物療法推進により、病院経営に貢献
    • 薬物の適正使用を推進することで、効率的な医療を提供します。
  6. 治験管理センターの充実
    • 治験管理センターの開設に伴い、院内臨床研究コーディネーター(CRC)を配置し、患者さんの安全を守りながら適切に治験が行えるように支援します。

院外処方・ジェネリックについて

当院でも厚生労働省による「医薬分業推進」により、全面院外処方とさせて頂き、外来患者さんのご理解・ご協力により保険薬局でお薬を受け取っていただいています。院外処方では、患者さんのご希望によりジェネリック薬品をもらって頂く事ができますので、保険薬局にご相談ください。また、複数の診療科や医療機 関にかかられている場合に、飲み合わせのチェックをするために“かかりつけ薬局”を決められることをお勧めいたします。エントランスホールには各調剤薬局 にファックスコーナーを設けておりますのでご利用ください。

治験管理センター

治験管理センターは、院内で行っている治験、臨床試験及び製造販売後調査がスムーズに行われるようにサポートし、また契約など事務処理を行っています。

各診療科

看護部

薬剤部

医療技術部

その他の部署