新型コロナウイルス感染症の集団感染の発生について(第3報)

6月14日(月)に発生した新型コロナウイルス感染症の集団発生において、感染症患者と同室者であった入院中の患者1名が、6月23日(水)に発熱したため、再度のPCR検査の結果、陽性であることが判明しました。

なお、この患者については、個室管理を行っていたため、スタッフ及び入院患者への感染拡大の可能性はないと考えております。

外来業務については、通常どおり実施しています。

2021年6月24日
院長 白山 武司