新型コロナウイルス感染症の集団感染の発生について

 6月14日(月)、入院中の患者さんが発熱され、PCR検査の結果同一病棟の入院患者8名が感染していることが判明しました。当該病棟の他の入院患者さん、関係職員全員にPCR検査を行い、陰性であることを確認しました。陽性患者8名につきましては、感染症病棟へ転棟し、濃厚接触者となる入院患者3名につきましては個室にて経過観察、スタッフ7名については、自宅待機としています。患者さまをはじめご家族さま、関係の皆さまにはご心配とご迷惑をお掛けしていますこと、深くお詫び申し上げます。

 なお、診療につきましては、一部制限はありますが、通常の診療体制で行ってまいります。今後の対応につきましては、感染防止対策、面会制限等実施しておりましたが、さらなる感染防止対策の徹底、面会制限を厳格に行い、総力を挙げて感染防止に努めてまいります。

 状況に変化がありましたら、随時情報発信致しますので、ご理解をお願いします。

2021年6月15日
                  院長 白山 武司