糖尿病チームについて

リハビリテーション技術科では、糖尿病チームとして理学療法士12名が糖尿病に関する指導体制を組んでおります。

活動内容は、糖尿病教育入院の患者さんに対する集団糖尿病教室での講義や、個別で運動指導です。また、週1回医師、管理栄養士、薬剤師、看護師、臨床検査技師とカンファレンスを開催し、情報共有を図っております。

さらに年1回、糖尿病市民講座を開催し、糖尿病に対する知識の啓発を行っております。参加者からは定期開催の希望の声を頂いており、今年度におきましても開催の予定をしております。

糖尿病チーム

(リハビリテーション科糖尿病チーム)

集団教室

毎週木曜16時〜17時にリハビリテーション室にて運動療法の講義を行っております。

“なぜ運動が糖尿病に有効であるか”、“どのような運動を行えばよいか”、などスライドを使用し分かりやすく、楽しい講義になるように努めております。講義の中では、実際に続けられそうな簡単な運動方法を紹介し、実技を交えておこなっております。

糖尿病チーム

個別運動指導

糖尿病教育入院の患者さんに対して、主治医の指示のもと、個別に運動指導を行っております。

リハビリテーション室にて血圧測定や筋力測定を行い、患者さんの病状や体力、生活スタイルに合った運動療法を提案し、“患者さんが運動を楽しく継続できる様になる事”を目標に運動指導に携わっております。

学生・実習の皆さま

お問い合わせ

リハビリテーション技術科

〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1379
TEL 0748-33-3151

近江八幡市立総合医療センターのトップページへ戻る