理学療法部門

理学療法とは、病気やケガなどによって生じた

  • <心身機能・構造(生命レベル)>の制限
  • <活動(生活レベル)>の制限
  • <参加(人生レベル)>の制限

に対して、検査・測定に基づいた治療科学の提供です。

<心身機能・構造>とは、たとえば手足の動きなどのことです。

<活動>とは日常生活における具体的な一連の行為のことです。たとえば歩いたり、トイレに行ったり、服を着たり脱いだり、家事をすること、などです。

<参加>とは人生の様々な状況に関与し、その役割を果たすことです。主婦としての役割や職場での役割などをいいます。

各々の治療には治療体操(運動療法)や必要に応じて温熱・水・電気などの物理的手段を用います。さらには在宅における日常生活活動の指導や福祉用具の選定・住宅改修・環境整備にまで至ります。

また近年では生活習慣病の予防・コントロール、障害予防も理学療法の重要な役割となっています。

設備について、最新の機器が導入されております。それにより精密な筋力トレーニングや物理療法の提供が可能となっております。

当科では、人工呼吸器を装着した急性期からの呼吸訓練、糖尿病や慢性腎不全に対する患者指導、心臓リハビリテーション等、専門的な治療サービスの提供に取り組んでおります。

また、心臓リハビリテーションについては入院のみならず退院後においても外来リハビリテーションを実施し、運動療法のみならず生活指導も含めた関わりを持っており、多岐に渡るリハビリテーションを展開しております。

理学療法室風景

(理学療法室風景)

診療報酬報告

 

心臓リハビリテーションとは

当センターでは、2011年8月より心臓リハビリテーションを開設しました。あまり馴染みの無い言葉だと思いますが、「心臓を強くする??」という内容ではありません。心臓リハビリテーションとは、「心筋梗塞や心不全、閉塞性動脈硬化症などの病気を患っておられる方達が、より健康で安心な生活を行っていくための取り組みの全てを指している」と思っていただけたらよいと思います。

運動の特徴としては、血圧や心拍数、心電図など様々な項目をチェックしながら、より安全に且つ効果的な運動をおこなっていくことが挙げられます。また、体力判定のために、心肺運動負荷試験という検査を実施し、運動の強さや日常生活での注意点などを指導させていただいております。

また、退院後は外来でのリハビリを継続していただく方も多く、運動療法に加えて、高血圧や脂質異常症など冠危険因子(心臓に悪いとされている因子)を是正し、心臓疾患をはじめ、脳血管疾患や下肢動脈疾患の予防ができるよう、生活習慣改善のための指導も行なっております。これらの生活習慣に関する指導に関しては、医師・看護師・理学療法士・臨床検査技師・管理栄養士など、それぞれの職種が専門性を活かして関わっております。

滋賀県内では、心臓リハビリを実施している医療施設も少ないのが現状ですが、当センターでの取り組みが、東近江地域の健康増進に少しでも関わっていけるようにと考えております。

            【運動療法の様子】

心リハ風景
心リハ風景2
 

当センターでの特徴

当センターでは、入院・外来の方ともに心臓リハビリテーションを提供しております。外来でのおおまかな流れとしては、リハビリの初回に問診・血液検査・体成分測定・血管内皮機能検査・筋力測定・体力測定を実施し、その結果に基づいた個人の目標や、運動強度を設定させていただきます。その後は週1〜2回で3ヶ月間参加していただき、最終日には上記の各検査に加え、卒業試験に合格すれば終了となります。

入院中のリハビリに関しては、医師の指示のもと理学療法士と病棟看護師が協力して運動療法や生活指導を進め、毎朝の病棟カンファレンス(参加者:医師・病棟看護師・理学療法士・看護助手)にてリスクや現在の運動機能などの情報共有を図りながら進めております。

学生・実習の皆さま

お問い合わせ

リハビリテーション技術科

〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1379
TEL 0748-33-3151

近江八幡市立総合医療センターのトップページへ戻る