リハビリテーション技術科について

理 念

  1. 「早期離床」を目的にした、急性期リハビリテーション医療のあり方を展開します。
  2. リハビリテーション医療のあり方を、効果性・効率性・安全性・経済性から追求します。
  3. 社会情勢、とりわけ医療情勢の変化に対応した先進的な取り組みを創造します。
  4. 専門家であることの追及を忘れず、仕事が人を創る・環境が人であることを創造します。

基本方針

  1. 急性期医療として、発症・受傷後早期から、集中したリハビリテーションサービスを提供することに努めます。
  2. 退院・転院を円滑に進めるための支援に努めます。
  3. 医師、看護師や社会福祉士、介護支援専門員等とチーム医療に心がけ、詳細な評価と早期離床を進め、安全かつ高水準のリハビリテーションサービスが提供されることに努めます。
  4. 近隣病院との連携を図り、転院後の継続したリハビリテーションが円滑に進められるよう努めます。
  5. 急性期リハビリテーション医療の展開に加え、専門医療分野[内部障害(心大血管・糖尿病・慢性腎臓疾患)・ハンドセラピィ・高次脳機能障害等]リハビリテーションを積極的に展開することに努めます。
  6. 患者様やそれを取り囲む家族等の参加医療に心がけ、患者様や家族の日常生活主体性及び自己決定を尊重し、それらを支援できるように努めます。
  7. 早期リハビリテーションを推進し、廃用症候群の予防や寝たきり防止に努めるなど、高齢化社会に対応したリハビリテーション医療を展開します。
  8. 医療従事者としての責務を果たし、常に「成長」を目指した知見、行動に努めます。

概要・特色

当科では、脳血管疾患(T)、運動器リハビリテーション(T)、呼吸器リハビリテーション(T)、心大血管疾患リハビリテーション(T)、摂食機能療法等、急性期を中心に専門的なリハビリテーションを提供しております。早期離床を推進し日常生活動作能力の獲得や、早期家庭復帰、社会復帰を目指します。

チーム医療について

  1. 離床チーム
  2. 糖尿病チーム
  3. RACCS

その他

毎週水曜日は科内で勉強会を行い、知識、技術面のスキルアップを目指しております。
毎週木曜日は整形外科カンファレンス、毎週金曜日は脳神経外科カンファレンスを行い、医師と情報交換を図っております。

当科での救急対応について

当科では、年に4回のペースでBLS(Basic Life Support)研修を実施しております。

BLSとは、状態が急変された際などに実施する一時救命措置のことをいいます。内容としては、意識状態・呼吸状態・循環動態の確認、救急コールやAED(簡易型除細動器)の準備、胸骨圧迫や人工換気などからなります。

当科での取り組みの特徴としては、実際のリハビリテーション実施場面、狭い個室やトイレ内で急変が起こった場合など様々な状況を想定した訓練を実施しております。また、今年度になってからは、点滴が必要となることも想定し、ルート確保(補助)の練習も開始しました。

当センターは東近江圏内における超急性期病院であり、リハビリテーションの対象者としても病態が安定していない方が多くおられます。常にリスク管理は徹底しておりますが、いつ何が起こるかわからない状況であることも確かであり、その万が一に備えて、スタッフは日々訓練を積み重ねております。

学生・実習の皆さま

お問い合わせ

リハビリテーション技術科

〒523-0082
滋賀県近江八幡市土田町1379
TEL 0748-33-3151

近江八幡市立総合医療センターのトップページへ戻る