各診療科のご案内

小児外科

方針・理念・目的等

当院は近江八幡市域のみならず東近江医療圏さらに周辺二次医療圏の小児医療の中核施設として、入院以上の治療が必要な小児の2次3次救急医療に力を入れています。

そのような病院の役割のなかで、小児外科では、生まれてすぐの新生児から14歳までのお子様の外科疾患を担当しています。救急入院が必要なお子様の中には小児外科手術が必要なお子様もおられますが、当科でその治療を担当しています。 さらに当院は滋賀県地域周産期母子医療センターの指定も受けており、県内各所からハイリスク新生児の搬送を受け入れています。

新生児外科疾患をお持ちの赤ちゃんも同じく当科で担当し、救命のための外科治療を行っております。

概要・特色

当院小児外科は手術数・手術内容が基準を満たしたため、滋賀県内では唯一の日本小児外科学会認定施設(教育関連施設)として認められています。(当院での小児外科研修は専門医取得に必要な研修指数が付与されます。)

小児外科特に新生児外科疾患の治療には、小児外科医だけではなく新生児科医および麻酔科医との連携や、熟練した病棟スタッフの存在も必要条件です。当院は病院の規模は大きくありませんが、それらを備えた病院です。

新生児外科疾患としては食道閉鎖・直腸肛門奇形(鎖肛)、先天性横隔膜ヘルニア、ヒルシュスプルング病、臍帯ヘルニア・先天性腸閉鎖、腸回転異常症、特発性腸穿孔(超低出生体重児)、胎便関連腸閉塞、臍腸瘻などがありこれら全てに対応しています。また新生児例も含む小児の急性腎不全・敗血症・代謝疾患に対する体外循環による血液浄化療法も小児科・腎臓内科と合同で行っています。

当科で取り扱う疾患としては、日常的な小児外科疾患としてそけいヘルニア(脱腸)・陰嚢水腫、停留精巣、臍ヘルニア、乳児痔瘻・肛門周囲膿瘍などがあり、急性疾患としては虫垂炎やメッケル憩室症や腸閉塞などを治療しています。リンパ管腫に対するOK432の局注療法や先天性胆道拡張症なども治療しております。また2010年より疾患によっては腹腔鏡による手術も順次開始しています。

そけいヘルニアは小児外科で扱う最も代表的な疾患ですが、当院では手術時間は片側10~20分程度 傷の大きさは8~12mmで施行しています。抜糸は不要です。

また特殊検査として小児の機能性消化器疾患(胃食道逆流症・排便障害)に対する検査として24時間pHモニターや消化管内圧測定検査を行っています。
経管栄養が困難なお子様の胃・腸瘻造設や噴門形成、気管切開・喉頭気管分離、人工肛門の管理・指導、在宅経中心静脈栄養の管理も行っています。

小児外科疾患を疑われる胎児出生前診断例の治療方針についての相談もお受けしております。

過去の実績等

最近3年間の年間平均手術施行件数は約180件であり、その25%は緊急手術でした。また生後30日未満の新生児の外科手術数は年間平均約16例でした。新生児外科手術後の死亡例は4例ありました。その4例いずれも染色体疾患もしくは複雑心奇形合併例でした。

メッセージ

外来診察では、お子様の疾患や手術・治療方針について、十分にお話をお聞き頂くために予約制とさせて頂いております。かかりつけ医を受診して紹介状を作成していただき、受診日時をご予約ください。しかし小児外科疾患には対応を急ぐ場合もあります。

当科は24時間365日常時オンコール体制で対応しておりますので、かかりつけ医を通して救急室にご連絡いただくか、病院の小児外科あてもしくは小児科当直までご一報ご相談ください。

スタッフ紹介

役職 名前(ふりがな) 資格・略歴等
部長 津田 知樹
(つだ ともき)
・平成9年京都府立医科大学卒
・医学博士
・日本小児外科学会専門医
・日本外科学会認定医・専門医
・日本小児外科学会評議員
・日本小児外科学会近畿地方会評議員
・京都府立医科大学客員講師
・ICD(Infection Control Doctor)
レジデント 竹本 正和
(たけもと まさかず)
・平成25年京都府立医科大学卒
レジデント 山師 幸大
(やまし こうだい)
・平成26年京都府立医科大学卒
  • かかりつけ医を探しましょう
  • 診療担当医表
  • 「紹介状」お持ちの方はこちら
  • セカンドオピニオン外来
  • RECRUIT INFORMAITON
  • 看護師募集
  • 研修医募集
  • お気軽にお問い合わせください。TEL:0748-33-3151
PAGE TOP