医療関係者向け

開放型病床共同指導について

当院へ紹介された患者さんの入院中の経過を把握するために、当院の主治医と共同で診察や指導に参加することができます。是非ご利用ください。

開放型病床とは

病院の施設、機能の開放の一環として、病床の一部を、診療所のかかりつけ医に開放し、当院の医師と共同して診療を行うものです。
診療所の医師が患者さんの入院が必要と判断した場合、開放型病床を利用いただきますと、かかりつけ医は、入院後も引き続き患者さんを訪問し、当院の医師と力を合わせて治療にあたることができます。
また、退院後は引き続きかかりつけ医の先生が患者さんの病状を診ることで、安心して最善の治療を受けることができます。

手続きの流れ

  1. 開放型病床を利用される場合は、あらかじめ来院日時を地域医療課までご連絡ください。
    地域医療課 TEL:0748-31-1204 受付時間:13時~16時
  2. 来院時(共同指導時)地域医療課にお越しください。名札と白衣をお渡しし、病室までご案内いたします。
  3. 回診後は、病棟にて「開放型病床共同指導票」記載後、地域医療課に名札と白衣をご返却ください。
  4. 貴院カルテ用控えは、当院主治医が「開放型共同指導票」記載後、後日郵送いたします。

病診連携システムの内容や、事務的な流れ等についてご不明な事項等がございましたら、お気軽に「地域医療課」までお問い合わせください。

地域医療課 TEL.0748-33-3151

PAGE TOP