医療センターについて

医療センターのご紹介

市立総合医療センター 5つの基本方針 [5つの追求]

1.信頼される医療の追求
地域の視点に立った信頼される医療を目指します。
2.医療の質の追求
安全性が保障された質の高い医療を追究します。
3.地域医療連携の追求
地域の医療機関や福祉施設との連携を進めます。
4.誇りある組織風土の追求
活力に溢れ、誇りを生み出す組織風土を醸成します。
5.健全経営の追求
公営企業として、経営の健全化に努めます。

当センターで医療を受けられる方の権利

1. 人権が尊重され、良質で適切かつ安全な医療を、平等・公正に受けることができます。

2. 自分の受ける医療について説明を受け、検査や治療方法などを自分で選ぶことができます。

3. 診断や治療について、他の医師の意見(セカンドオピニオン)を 求めることができます。

4. 診療情報の提供、又は診療記録の開示を求めることができます。

5. 診療上の個人情報やプライバシーが守られる権利があります。

当センターで医療を受けられる方へのお願い

1. 自分の健康状態についての情報をできるだけ正確に伝えてください。

2. 検査や治療方法などについて理解できない場合、または同意できない場合はその旨を知らせてください。

3. 治療効果をあげるために、職員と力をあわせて医療に参加、協力してください。

4. 病院内では、他の受診者の迷惑にならないように、病院の規則と職員の指示に従ってください。

5. 快適な環境づくりのために、気づかれたことがあれば提案してください。

災害拠点病院としての役割

災害拠点病院としての役割

大規模災害が起きても、自家発電装置等により、電気・水道・下水は3日間耐えることができ、災害拠点病院として地域の皆様を支えます。

地域周産期母子医療センターとしての役割

地域周産期母子医療センターとしての役割

滋賀県の基幹施設である「総合周産期母子医療センター」及び「周産期医療協力支援病院」、県内の各「周産期協力病院」と協力・連携体制を整備し、「地域周産期母子医療センター」として、地域の周産期医療機関を機能的にバックアップすることを目的としております。
他の医療機関からの救急の患者さんの受け入れを24時間体制で行っております。

救命救急センターとしての役割

救命救急センターとしての役割

県内に4施設ある救命救急センターの1つとして、地域の救急・集中医療の中核を担っています。

救命救急センターは、


  1. 受け入れ窓口である救急外来
  2. HCU(重症管理病棟)としても活用している救命救急センター病棟(12床)
  3. ICU(集中治療室 6床)の3ユニットで構成されています。

病院機能評価機構認定施設

病院機能評価 審査の様子

病院機能評価Ver6.0 認定更新しました。
平成19年に認定取得した「病院機能評価」を、このたびVer.6.0で認定更新しました。
今回の認定をさらなる励みとして、今後も医療の安全と質向上、患者権利の確立に努めて参ります。

認定期間
平成24年12月17日 ~ 平成29年12月16日

主な審査項目

  • 病院組織の運営と地域における役割
  • 患者の権利と医療の質および安全の確保
  • 療養環境と患者サービス
  • 医療提供の組織と運営
  • 医療の質と安全のためのケアプロセス
  • 病院運営管理の合理性

病院機能評価

病院機能評価とは・・・
公益財団法人日本医療機能評価機構(第三者機関)によって、各病院が組織的に医療提供のための基本的な活動・機能が適切に実施されているかどうかを評価する仕組み。医療安全、患者の権利など約500の審査項目に対して一定水準を満たしていると認められた病院が「標準病院」となります。
全国約8,500病院のうち、28%の2,400病院が認定されています。[ H25.3/1現在 ]

携帯電話使用について・敷地内禁煙

PAGE TOP